記事詳細ページ

米鶴 収穫祭にご参加いただきありがとうございました!

米鶴 収穫祭にご参加いただきありがとうございました!:画像

10月3日、米鶴酒造の田んぼで収穫祭を行いました。

簡単に説明させていただきますと、
「一般のお客様を迎えて、5月の祭で田植えを行った田んぼの稲刈りをする」
というイベントです。

前日はぐずついた天気で若干の不安もありましたが、当日は気持ちのいい秋晴れ!
稲刈りにはもってこいの天気となりました。

まずは神主様による祈祷を行います。


続いて、志賀醸造課長より稲刈りの手順についての説明が入ります。
刈り取りには鎌を使います。取り扱いには注意です。


説明が終わると、さっそく刈り取り開始です。
はじめは慣れない作業に戸惑っている方もいらっしゃいましたが、刈り取りを進めるうちに流れがスムーズになっていました。




刈り取りが終わると、今度は立てた杭に稲の束を掛けて乾かす「杭掛け」を行います。
刈り取った稲束が、どんどん積み上げられていきます。


全部きれいに掛けて、収穫作業完了です!


田んぼの泥をきれいに落としたら、米鶴の収穫祭恒例の餅つきがあります。

臼と杵でつく、昔ながらの餅つきです。出来あがった餅は、この後のなおらいでいただきました。


また収穫祭当日は、田植え祭の際に開始した「バケツ栽培」の審査会でもありました。

今年は猛暑が続いて稲の生育には厳しい年でしたが、みなさんこのように立派な稲を育ててくださいました!


その中で賞を手にしたのが…こちらの稲です!↓↓

最優秀賞



ビューティフル賞



教科書通りで賞



最も背が高かったで賞





バケツ栽培に参加された皆様、お疲れ様でした!


そしてお楽しみの、なおらいがスタートです。

テーブルには、先ほどの餅つきで作った餅をはじめ、高畠風の芋煮(山形の芋煮に大根をプラス)などの料理が並びました。










参加された皆様には楽しんでいただけましたでしょうか?

以上で、今回の収穫祭レポートを終わります。

次のイベントは、来年2月に仕込み体験を行う予定です。

収穫祭で刈り取った稲をお酒として仕込めるイベントですので、今回ご参加頂いたお客様はぜひ、ご参加くださいませ!

2010.10.13:[イベント情報]
米鶴酒造株式会社:画像

米鶴酒造株式会社

山形県高畠町のまほろばの酒蔵「米鶴(よねつる)」の醸造元です。 米鶴の..

Access 1,606,877pv (2010.03.23〜) Today 961pv Yesterday 1,222pv Contents 180pages