記事詳細ページ

平成23年度 米鶴 バケツDE酒米成長記 第2回

平成23年度 米鶴 バケツDE酒米成長記 第2回:画像

7月11日に、米鶴のある東北地方でも梅雨が明けました。
東北地方では、梅雨入りは遅かったものの梅雨明けが早かったため、ひと足早く「夏」を迎えたような気がします!

さて今回は、田植えから1ヶ月後の様子をご紹介します。

前回はまだこのくらいで、田植え当日と比べて少し伸びたか、というくらいでした。

あれから1か月が経ち、どこまで大きくなったかご確認ください。

この通り、かなり背丈も伸び、葉の数も増えています。

今回も「米作りのプロ」よりコメントを頂きました。

_v_____v_____v_____v_____v_____v_____v_


先週ころから全国各地で梅雨明けが始まり、東北も週明けに梅雨明けとなりました。
例年より梅雨の期間が短く、あっという間だったように感じます。
バケツに根付いた稲は、順調に生長中です。


米鶴で育てているバケツには、雑草が生えてきています。
皆さんの方でも雑草が生えてきていたら、抜くときに土をかき混ぜてあげて下さい。

 
_v_____v_____v_____v_____v_____v_____v_


☆ バケツ栽培 ワンポイントアドバイス ☆

― まずは深水に ―

―中干しして、根を丈夫にしましょう―

田植え祭りで植えた本田は、今「中干し」に入っています。
「中干し」は、暑い盛りに田んぼから水を抜く作業のことで、

・土に酸素を供給させて、稲の根を丈夫にする
・微生物の死骸を肥料に変える

など、稲の栽培に重要な働きをもっています。

なお、乾かすと言っても完全に水分を抜くわけではありません。
「土表面にヒビが薄く入るくらい」を目安にするとよいかと思います。

バケツの稲は時期が少し遅れていますので、1週間〜10日くらい経ったら、水を減らして少し乾かしてあげて下さい。

あまりに乾かしてしまうと枯れてしまいますので、くれぐれもやり過ぎにはご注意ください。

志賀

_v_____v_____v_____v_____v_____v_____v_


いかがでしたか?
ご自宅でバケツ栽培を続けている方の参考になったでしょうか?

疑問・質問はもちろん、「お客様のバケツ栽培の様子」を映した写真なども募集しております。
ぜひ、メールにてお寄せください!

それでは、次回更新をお楽しみに!

↓まほろばの酒蔵 米鶴酒造のホームページははこちら↓
米鶴酒造株式会社 公式ホームページ【別ウィンドウが開きます】

2011.07.13:[米鶴の酒づくり]
米鶴酒造株式会社:画像

米鶴酒造株式会社

山形県高畠町のまほろばの酒蔵「米鶴(よねつる)」の醸造元です。 米鶴の..

Access 2,031,819pv (2010.03.23〜) Today 50pv Yesterday 999pv Contents 188pages