記事詳細ページ

【限定酒】マルマス米鶴のご案内

【限定酒】マルマス米鶴のご案内:画像

米鶴酒造では、2012年度から新たな商品ブランド「マルマス米鶴」を展開していきます。ここでは、マルマス米鶴の概要についてご案内いたします。


お取り扱いご希望の酒販店様はこちらをご覧ください。
  →マルマス米鶴取扱酒販店様募集のご案内

 

 

マルマス米鶴の基本理念

 

 

 米鶴商品の中でも、時代のニーズに合わせて日本酒の「ウマイッ!!」「楽しいっ!!」を追求していく限定商品にマルマスの記号を冠してご提供するものです。
 通常の味覚を持っている日本人であればだれもが美味しいと思える、わかりやすい美味しさの日本酒を目指します。特に、美味しさで評価されるよう、品質重視の姿勢を明確にします。
 たとえば入れ物のガラスビンの色は茶または黒を主体とします。これまで社内外で様々な色のビンや袋をかぶせて日本酒の保存テストを実施し、その結果茶色ビンと黒ビンが最も良好な保存状態を維持したことが理由です。
 客観的評価を重視する意味で、銘柄を隠して審査される市販酒コンテストには積極的に出品し、入賞できるように努力いたします。

 

銘柄名の由来

 

 マルマスは米鶴創業家の屋号であり、うまい酒造りを追求する造り酒屋の象徴です。
 日本人は太古から、自分たちの暮らしの幸せを願うために、そして大自然から恵みを得た時にはそれに感謝するために、八百万(やおよろず)の神々に日本酒を捧げて祈ってまいりました。私たち米鶴のスタッフはその気持ちを胸に秘め、謙虚な姿勢と熱い情熱をもって酒造りに取り組みます。日本酒造りもまた、豊かな自然環境の恵みとたくさんの微生物の働きから生まれる賜物なのです。
 米鶴は、豊かに実った米(稲)の姿や鶴の立ち姿がお辞儀の姿勢に例えられることにちなみ、感謝の気持ちを伝える酒でありたいという蔵元の思いを込めた銘柄です。また、米という字には数字の八十八が隠れていることから、八十八羽の鶴を意味する、大変おめでたい字でもあります。

 

商品紹介

 

 

〜マルマス米鶴の中心商品〜 マルマス米鶴 限定純米吟醸 1800ml 720ml

 

マルマス米鶴の中心商品で、マルマス米鶴取扱店には常備してあります。価格は2700円+消費税で常に一定ですが、定期的にラベル色が変化するとともに、原料米、使用酵母、使用麹などが変わり、当然香味も変化します。酒質もさまざまですが、米が原料とは思えない果実様の香りと芳醇な味わい、さわやかな後切れで杯を重ねたくなる日本酒を目指します。その価格で提供できる最上級の品質を目指して醸します。日本酒の様々な美味しさを楽しみたい欲張りなお客様におススメの、マルマス米鶴で中心となる商品です。

 


 

〜マルマス米鶴の定番〜 マルマス米鶴 特別純米 1800ml
限定純米吟醸は定期的に酒質が変わりますが、特別純米は価格が2360円+消費税で、原料米には山形県産酒造好適米を使用し、年間通して品質が大きく変わらない商品です。慣れ親しんだ味をいつも味わいたいお客様におススメの、定番酒としてお楽しみいただける商品です。
 

 

その他のマルマス米鶴

 

弊社は以前、特約酒販店限定ブランドとして「うきたむ」という商品を展開しておりましたが、マルマス米鶴はその流れをくむブランドでもあります。以前うきたむブランドで販売していた商品で、マルマス米鶴で継続販売するものを紹介します。


 

 

マルマス米鶴 吟醸 1800ml (うきたむ 吟醸)
山形県産酒造好適米を使用、バランスの良い香味で料理に寄り添う、優等生的な穏やかな香味の吟醸です。
 

 


 

マルマス米鶴 別撰吟醸 300ml (うきたむ 吟醸 冷酒)
麹米に山形県産酒造好適米を使用、生貯蔵酒の旨みと軽やかな香味を両立した吟醸酒の300ml小瓶商品です。
 

 

 

マルマス米鶴をお求めの方へ

 

 

 お求めの方にはお近くのマルマス米鶴取扱酒販店または通信販売をしている取扱酒販店をご紹介いたしますので、まずは弊社までお問い合わせ下さい。

2016.10.28:[商品情報]
米鶴酒造株式会社:画像

米鶴酒造株式会社

山形県高畠町のまほろばの酒蔵「米鶴(よねつる)」の醸造元です。 米鶴の..

Access 1,329,983pv (2010.03.23〜) Today 255pv Yesterday 1,468pv Contents 178pages