記事詳細ページ

平成23年度 米鶴 バケツDE酒米成長記 第3回

平成23年度 米鶴 バケツDE酒米成長記 第3回:画像

7月は、梅雨が明けたと思いきや、今度は「ゲリラ豪雨」が全国各地で相次ぎました。
この夏は、山形でもゲリラ豪雨に数回遭遇しました。

初めて豪雨に遭ったときは道路が冠水して、車が水没しないかヒヤヒヤさせられました。

今回は、田植えから2ヶ月後の『田んぼの様子』をリポートします。

前回のバケツ栽培レポートでは、背丈もグンと伸びた稲をご覧頂きました。

あれから3週間が経った今、目に見える変化が出てきました。ご覧ください!




この通り、稲の象徴でもある「稲穂」が出てきました!
背丈もさらに伸びてきて、稲のイメージに近づいてきています。

今回も「米作りのプロ」よりコメントを頂きました。

_v_____v_____v_____v_____v_____v_____v_


バケツに根付いた稲も、順調に生長中です。

さて、今回は田んぼの生育具合をご覧いただきます。
バケツの方はまだですが、田んぼの稲は一足先に穂が出始めました。
稲穂が見えるようになると、気持ちも俄然盛り上がってくるものです。

 
_v_____v_____v_____v_____v_____v_____v_


☆ バケツ栽培 ワンポイントアドバイス ☆

―花水の時期は、水を枯らさないように―

「中干し」を終えた田んぼでは今、水がとても重要になっています。
これは「花水」と呼ばれており、以前とは逆に、水を枯らさないように気をつけなければいけません。

梅雨明け以降しばらく涼しい日が続きましたが、これからはまた暑い日が続くことになりそうです。


暑くなると水の減りが早くなり、稲が十分に水分を補給できなくなってしまいますので、注意して見ていてください。

志賀


_v_____v_____v_____v_____v_____v_____v_


いかがでしたか?
ご自宅でバケツ栽培を続けている方の参考になったでしょうか?

疑問・質問はもちろん、「お客様のバケツ栽培の様子」を映した写真なども募集しております。
ぜひ、メールにてお寄せください!

それでは、次回更新をお楽しみに!

↓まほろばの酒蔵 米鶴酒造のホームページははこちら↓
米鶴酒造株式会社 公式ホームページ【別ウィンドウが開きます】

2011.08.05:[米鶴の酒づくり]
米鶴酒造株式会社:画像

米鶴酒造株式会社

山形県高畠町のまほろばの酒蔵「米鶴(よねつる)」の醸造元です。 米鶴の..

Access 1,955,308pv (2010.03.23〜) Today 637pv Yesterday 753pv Contents 185pages