記事詳細ページ

【今年分完売しました】米鶴 純米蛍ラベル -夏にオススメの純米酒-

 

飲みごたえのある口あたりの純米酒です。
これからの暑い季節には、氷を入れて飲む「オンザロック」がオススメです!

 

※7/7追記※

「純米蛍ラベル」はご好評につき、すべてのサイズの商品が完売となりました。

次回発売は来年4月以降を予定しております。


日本酒は、正しい飲み方さえ身に付ければ身体に優しい飲み物です。
その証拠に、日本酒を飲むグループとそうでないアルコールを飲むグループでは、
健康に関する統計データにさまざまな違いが現れます。
代表的な違いは、肝臓の数値への影響、お肌への影響、がんへの影響が知られており、
いずれも日本酒が健康に有利な結果が出ています。

しかしながら、もともと飲用アルコール度数の高い日本酒は、
夏場にそのまま飲むには重すぎる飲み物です。
そこでおススメしたいのは、氷を1、2個浮かべて飲むスタイルです。

このような飲み方は、日本酒ファンには「邪道」として忌み嫌われた様子ですが、
日本酒蔵元では夏場にさわやかに日本酒を飲む方法として、
はるか昔から当たり前とされてきた飲み方です。

ただ、この方法にはひとつ欠点があります。酒の豊かな味わいが損なわれることです。

米鶴では、これを新しく開発された酵母を上手に使うことで克服しました。
山形県工業技術センターで開発された、コクを生み出す酵母をバランスよく使うことで、
アルコール度数が10%でもバランスのとれた味わいを実現しています。

ここでご紹介する「米鶴 純米 蛍ラベル」は、中味のアルコール度数は14%ですが、
このままでは少し味が濃く感じるので、
氷を1、2個浮かべて飲んだ時にさわやかな味わいとなるような、
これまでになかった純米酒です。

ちなみに、米鶴の所在地である二井宿地区(山形県東置賜郡高畠町二井宿)は、
ゲンジボタル、ヘイケボタル、ヒメボタル、クロマドボタルの
4種類のホタルが生息する場所でもあります。


味わいコメント_____________________________

爽やかな香り。口当たりなめらかで、爽快な酸味と適度な苦味が
あと味を引き締めます。暑い季節にぴったりの軽快な純米酒です。

こんな方におすすめします________________________

 

夏に飲む日本酒をお探しの方
夏季限定商品をお探しの方
見た目にも楽しい日本酒をお求めの方

 

商品名 米鶴 純米蛍ラベル
原料米

山形県産出羽の里・出羽きらり

精米歩合 65%
アルコール度 14%
日本酒度 -17
酸度 2.3
酵母 山形酵母
希望小売価格
1800ml 2,540円(税抜)
 
720ml 1,270円(税抜)
 

 

2017.07.07:[商品情報]
米鶴酒造株式会社:画像

米鶴酒造株式会社

山形県高畠町のまほろばの酒蔵「米鶴(よねつる)」の醸造元です。 米鶴の..

Access 1,610,442pv (2010.03.23〜) Today 353pv Yesterday 1,264pv Contents 180pages