記事詳細ページ

米鶴 純米大吟醸 天に舞う鶴の輝き

米鶴純米の最高品質

この日本酒の歴史は過去に販売していたこの日本酒までさかのぼります。

「米鶴 天に舞う鶴の輝き」は、米鶴の酒造技術をすべて注ぎ込んで最高品質の純米大吟醸に仕上げることを目的に醸しています。

  • 厳選した原料米を米鶴醸造元で所有する酒米専用精米機で3日間かけて磨き上げて高度に精米された白米を使用
  • 米鶴醸造元で最も管理しやすい白米総重量600kgによる少量仕込み
  • 原料白米全量を正確に15kgごとに計量して全白米を均一に目標とする水分量に合わせる特別な原料処理
  • 全ての麹(こうじ)の状態を細かく管理できるように全量こうじ蓋を使用した製麹(こうじづくり)
  • 山形県の蔵元が持つ全国の様々な技術集団との強力なネットワークから得られる豊富な情報に基づく、その年毎の原料米、種こうじ、酵母の最新知見を活かした高度な醸造技術
  • 上槽(もろみを清酒と酒粕に分離すること)後もこまめな分析と官能検査を実施し理想的なタイミングを見極めて行う火入れビン詰
  • ビン詰後、出荷されるまでは年中低温管理ができる冷蔵庫貯蔵

このように、米鶴醸造元でも特別な取り扱いで細心の注意を払って商品に仕上げていきます。

外見デザインには、雄大に羽ばたく鶴を描き、米鶴の最高品質商品にふさわしい風格と同時に、日本の良質な伝統文化や縁起の良さ、めでたさを表現しました。また、同封しているしおりには、この商品に込められた蔵元の思いと歴史をつづっております。ご覧いただければ、品質重視を掲げる米鶴のチャレンジ精神をご理解いただけることと思います。

同様のコンセプトの商品には、米鶴 大吟醸 巨匠がありますが、巨匠は毎年4月から5月にかけて審査される全国新酒鑑評会金賞を目指して醸す、いわば無差別級の鑑評会出品酒です。天に舞う鶴の輝きは、公的機関が審査する鑑評会として純米部門があり、毎年10月に審査される東北清酒鑑評会での優等賞(最高賞)を目指して醸す最高級品です。

受賞歴_______________________________

味わいコメント____________________________
時代のニーズに合わせて毎年徐々に変化していく「最高品質」の価値基準を満たす味わいです。日本酒としての欠点が皆無で、バナナ・マスカット様の米鶴独自の主張を持たせた香味バランスを持ち、豊かな香り、滋味深い味わい、さわやかな余韻を残す後切れを感じます。

こんな方におすすめします_______________________

  • 最高品質の純米大吟醸が欲しい
  • 贈り物をしたい相手が酒好きで、珍しくて良いものを探している
  • 和の文化の最高品質に触れてみたい
  • 特別な日の晩餐にふさわしい日本酒を探している
  • モータースポーツと日本酒が趣味
商品名 米鶴 純米大吟醸 天に舞う鶴の輝き
原料米 山形県産酒造好適米 100%
精米歩合 35%
アルコール度 16度
日本酒度 -3
酸度 1.45
酵母 協会1801号・901号
希望小売価格
720ml 4,500円(税抜)
 

 

 

2015.06.23:[商品情報]
米鶴酒造株式会社:画像

米鶴酒造株式会社

山形県高畠町のまほろばの酒蔵「米鶴(よねつる)」の醸造元です。 米鶴の..

Access 1,330,005pv (2010.03.23〜) Today 277pv Yesterday 1,468pv Contents 178pages