記事詳細ページ

米鶴 ピンクのかっぱ純米酒 【5/11(火)発売】

米鶴 ピンクのかっぱ純米酒 【5/11(火)発売】:画像

【2021/9/29】

ご好評につき、720mlサイズは完売いたしました。

1800mlサイズはございますので、ご希望の方はそちらをご注文下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『あまずっぱい』『ピンク色』の純米酒。

お待たせいたしました!

この冬に仕込んだ「ピンクのかっぱ純米酒」の
発売を開始いたしました!

あざやかなピンク色が目にまぶしい、変わり種の純米酒です。
数量限定・売切れ次第販売終了となります。

また2021年は、これまでの茶色瓶の他、よりピンク色が映える
『透明瓶』もご用意いたしました。

※ご注文を頂戴しましたら、『透明瓶』でお届けいたします。
完売になりましたら茶色瓶に切り替えてお届け致します。

※茶色瓶をご希望の場合は、ご注文時にお申し付けください。

 

●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●

 

なぜ「ピンク色」なのか?

この「ピンクのかっぱ純米酒」がなぜピンク色なのか、
それは使われている酵母に秘密があります。

この酵母は「赤色酵母(アデニン要求性酵母)」といい、
菌の内部に「赤い色素を蓄積する」という変わった特徴をもつ酵母です。

この酵母がお酒のもと(もろみ)が発酵するにつれて増えていき、
最終的にはもろみが濃いピンク色に染まって見えるほどになります。

そのもろみから独自の方法を用いて「ピンク色を保ったまま搾る」ことで、
透き通ったピンク色のお酒が出来上がるのです。

 

●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●○◎○●

保管方法についてのご注意

本商品に含まれる色は酵母のはたらきにより生成された
天然由来のものです。強い光に当たると変色する恐れがあります。
より長期間色を保つためには、遮光し10℃以下で保管いただきますと
効果的です。

 

味わいコメント________________________________

米のうま味を感じるソフトな甘みと、パンチのきいた酸味が一つになった
甘酸っぱくてすっきりした、これまでにない味わい。

アルコール度数も11%とひかえめで、「ゴクゴク飲める」変わり種の日本酒です。


こんな方におすすめします___________________________

  • 変わり種の日本酒をお探しの方に
  • 飲みやすい日本酒をお探しの方に

 

商品名 米鶴 ピンクのかっぱ純米酒
原料米 山形県産米100%
精米歩合 65%
アルコール分 10%
甘口・辛口 やや旨口
濃醇・淡麗 やや淡麗
おすすめの温度 冷やして:◎ ぬる燗:○
希望小売価格
1800ml 2,970円(税込)
 
720ml 完売
yonetsuru_items_3-15-1_s.jpg

2021.09.29:[商品情報]
米鶴酒造株式会社:画像

米鶴酒造株式会社

山形県高畠町のまほろばの酒蔵「米鶴(よねつる)」の醸造元です。 米鶴の..

Access 3,454,509pv (2010.03.23〜) Today 606pv Yesterday 1,121pv Contents 215pages