米鶴で働く人たち

米鶴で働く人たち

米鶴で働く人たち

「品質管理」
「基本こそしっかりする」
という事の大切さ

製品課 課長補佐 齋藤 進[さいとう すすむ]
齋藤 進

米鶴酒造に入社し、それ以来「品質管理」「基本こそしっかりする」という事の大切さを先輩方から教わり、私自身も共に働く課のみんなに伝えながら日々の仕事を行っています。
大変なことの多い現場ではありますが、お客様の人生の中の色んな場面で役に立てるお酒をお届けしているという喜びを忘れず、これからもみんなで成長をしていけると信じています。

思いを込めて丁寧に…
という気持ちを
常に持ちながら

製品課 西塚瑠美[にしつか るみ]
西塚瑠美

常にお客様の目線に立つことを大切にして仕事に臨んでいます。表立ってお客様へセールスをするような業務ではありませんが、お酒を瓶詰めし、ラベルを貼り、出荷作業をするという工程はお客様へ商品が渡る前の最後の作業になるので、思いを込めて丁寧に…という気持ちを常に持ちながらこれからも励んでいきたいと思います。

いつまでも酒造りも
酒呑みも全力で
楽しんでいきたい

醸造課 課長 矢智一[やざき ともかず]
矢智一

300年以上の歴史を持つ蔵の中で、先人から積み重ねられてきた技術や文化をレベルアップさせてお客様に楽しんでもらうことを、後に続くみんなに伝えていけたらと思っています。
個人的には学生時代に地酒LOVERになってから造りに携わり四半世紀経ちましたが、いつまでも酒造りも酒呑みも全力で楽しんでいきたいです。

さらに経験を積み、
自分が中心となって
お酒を造れるように

醸造課 主任 小針 賢[こばり さとし]
小針 賢

関東出身の私は、米鶴で働くようになってから、米農家さんや地元酒屋さん、地域の方々に助けられ一緒になってお酒造りをしていると強く感じるようになりました。仕事においては、一つひとつの仕事に対して「自分に責任がある」と思い働くこと、お酒や微生物のことを一番に考え動くことを大事にしています。
これからさらに経験を積み、自分が中心となってお酒を造れるようになりたいです。

山形高畠ブランド
として世界中に
飛び立つように

総務課 課長 中川佳洋[なかがわ よしひろ]
中川佳洋

老舗企業としての伝統を大切に、米鶴を支えていただいている企業の皆さま・農家の皆さまに感謝し、ベストな状態でよりよい酒造りが出来るよう各方面と良好な信頼関係を築くことを大切にしています。
常に楽しみながら新しいことにチャレンジし、様々な場面で感謝を伝える酒として、山形高畠ブランドとして世界中に飛び立つよう全員で日々前進していきたいと思います。

「感謝」の気持ちを胸に
人との出会いに感謝し
仕事に励んでいます

営業課 村山 亮[むらやま りょう]
村山 亮

銘柄由来にもある「感謝」の気持ちを胸に、知り合う方一人ひとりと真摯に向き合い、出会いに感謝し仕事に仕事に励んでいます。空高く舞う鶴のような高い目標を持ち自分を鼓舞し、日々向上していきたいです。
米鶴をひとりでも多くの方に知っていただき、そしてその輪が広がって米鶴のお酒を囲んでいい時間を過ごしていただけるよう営業活動を頑張ってまいります。

米鶴酒造で働いてみたい求人に関するお問い合せ